最新記事

スーツには、スーパー的な店で買う一万数千円のものから、専門店で買う四万円近くのものまで様々です。
そのそれぞれのよさを考えます。
安いものは、気兼ねなく何着か買うことができ、取り替えながら色々な色やデザインを楽しみながらきることができます。
また、高いものは、生地のよさばかりではなく、ズボンの腰の裏に滑り止めが付いていたり、すそ上げがほつれにくかったりと品質がよく長持ちします。
では、問題点はというと安いものはすそからこすれて生地が裂けてくることがあります。
また、生地にてかり感がでてきます。
一方、高いものは、さほど痛むことがないようです。
どちらを選択するか好みの問題ですが、長く大事に着ようと考えたら高いものを、消耗品と考えて、数着買い揃えて、色合いやデザインなどの日々の変化を楽しむのなら安いスーツでも十分です。
上着には、そんなに差はないものと考えます。
ズボンが持つ年数は、さすがに違うように感じます。